廃油の正しい捨て方|回収業者が買い取る可能性アリ!

男性女性

ゴミをリサイクルする

女性作業員

産廃とは、産業廃棄物の略です。一般家庭では、ほぼ捨てることのない産廃ですが、事業内容や活動内容によって出てきたゴミのことを産廃と呼んでいます。産廃は事業内容によってその種類は様々あります。鉄筋やタイヤ、燃えカス、汚泥、廃油、プラスチック、コンクリートなど挙げ始めたらきりがないほど種類は沢山あります。産業廃棄物はきちんと選別して処分しないといけません。産業廃棄物と商業廃棄物を分離出来るものは分離しましょう。この作業を人だけで行なうことはとても困難です。産業廃棄物をしっかりと選別することを、産廃選別といいます。

産廃選別とは、一度処理場に集められた廃棄物を、機械を使って種類別に分けていくことをいいます。なぜ産廃選別が必要なのでしょうか。その理由は、産業廃棄物を資源として有効的に活用するためで、もう捨てるしかないものと利用価値があるものに分けます。その中から、リサイクルすればかつ出来るものは、ゴミとして捨てるのではなく資源として活用することで環境にも優しく大事なことなのです。現在はリサイクルして、資源を活用することを促進しています。そのため、産廃選別をすることは企業にとって義務のようなものです。

産廃選別が行われた後の廃棄物は、リサイクル資源として活用します。圧縮したり、加熱したり、粉砕したりして資源として使いやすい状態にします。しかし、企業が産廃選別をするためには、廃棄物処理業許可という許可証が必要になります。事業内容によって許可証を取得すると良いでしょう。